2015年07月08日

【オリジナル曲】雌蘂【未来屋マサル】


*雌蘂 作詞/作曲:未来屋マサル


もしも悪い冗談なら
早く釘を刺して欲しい
太陽はいつも嫌々に射してる
風は涙を乾かそうとしてる

もしも恥ずかしくないくらい
過去が綺麗なら良いのに
瘡蓋を剥がした跡が痒くて
今日も彼方の名前を呼んでる

冗談で振りほどいた
指先にただびくついて
怯えています

私は彼方の身体を触る
私は彼方の身体を触る
私は彼方の身体を触る
熱が 遠い

もしも苦い情熱すら
意味を持つのだとしたら
どうだろう少しくらい濁っていた方が
笑顔も味わい深くなるだろうか

もしも私が堪らなく
不細工な花なら それでも
彼方は変わらず撫でるだろうか
匂いを嗅ぎたいと思うだろうか

もう言葉すら馬鹿馬鹿しい
・・・・煩わしいの

私はどうにも自分が憎い
私はどうにも自分が憎い
私はどうにも自分が憎い
とても 眠い

この熱を疑うなら
空は容易くひび割れて
壊れてしまう

彼方の身体をくまなく舐める
彼方の身体をくまなく舐める
彼方の身体をくまなく舐める
ねえ 意味など

私は彼方の身体を触る
私は彼方の身体を触る
私は彼方の身体を触る
目眩がするほど 熱が 遠い
posted by 未来屋マサル at 16:16| Comment(0) | ◎オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。