2015年03月09日

【オリジナル曲】竜巻と失望【未来屋マサル】


*竜巻と失望 作詞/作曲:未来屋マサル


寝不足の眼を瞬いて
せぐり上げる吐き気を諌めて
今日に変わった一日の
スタートは酷く貧しい

アルコールで寝潰したぶんを
カフェインでまた叩き起こして
二十四時間で区切るのは
いつか終わると錯覚するためだ

何気ない優しさが
どこかで竜巻を起こすんだ
何を信じて 何を道標にして
歩けばいい 生きればいい

ぎゅうぎゅうの満員電車も
たった二駅ならば耐えられるから
憂鬱が価値を持つなら
おそらく歌うしかない そう思った

何でもないと言い捨てたんだ
切り離したのはいつも自分だ
ポケットに手を隠しながら
そんなことを恐れている

逃げ場所はないから逃げないんだ
でも決して僕は挑まないんだ
過ぎていく日々が目まぐるしい
移り変わる季節は永遠だ

諦めた夢の数だけ
時間を残酷に汚すんだ
後悔するほど歳を重ねていく
避けられない明日が来る

もう二度と戻れないのは
きっとやり直せたら進めないから
失望がとても眩しく
未来を照らしている そう感じた

何気ない優しさが
どこかで竜巻を起こすんだ
何を信じて 何を道標にして
歩けばいい 生きればいい

ぎゅうぎゅうの満員電車も
たった二駅ならば耐えられるから
憂鬱が価値を持つなら
おそらく歌うしかない そう思った

もう二度と戻れないのは
きっとやり直せたら進めないから
失望がとても眩しく
未来を照らしているなら

もう朝なんて怖くない
posted by 未来屋マサル at 19:46| Comment(0) | ◎オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。