2015年03月01日

【オリジナル曲】グレーの空【未来屋マサル】


*グレーの空 作詞/作曲:未来屋マサル


愛を撫で合う穢れすら
悦んで仕舞えるのなら
大人になんて成らなきゃ善かった

猥声が共鳴する
一際なで肩の君を
虐げる夕暮れの小さい部屋

時計は決して 左に回らない
出来るのは夢の中だけだと
目蓋の裏に 思い浮かぶのは
いつでも同じ あの灰色

グレーの空 グレーの空
グレーの空 グレーの空だった

あの日 取り上げてしまった
酷く鈍った剃刀が
今は自分を傷付けている

特別だった さよならも
すっかり意味を失った
哀しみすらも終わってしまう

罵声を浴びて 勇気を忘れていく
出来るのは諦めるだけだと
流れて消えた あの景色の中で
変わらないのは 今日も広がる

グレーの空 グレーの空
グレーの空 グレーの空だった
グレーの空 グレーの空
グレーの空だけが 僕の叫び 僕の嘆き
posted by 未来屋マサル at 23:59| Comment(0) | ◎オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。