2015年02月09日

【オリジナル曲】カフェイン【未来屋マサル】


*カフェイン 作詞/作曲:未来屋マサル


もう何回目だろうか 思い出してしまった
僕はビルの8階 缶コーヒーを飲んでいた
生命と道徳を 哲学と芸術をどれだけ
問い詰めれば このカフェインは効くだろう

明日カーテンを開けて 見渡す青空は
君を苦しめるだけの地獄かもしれない
”愛してる” たったひとかけらの言葉が
いかほど 意味を持っているのだろう

もう何回目だろうか 過ぎ去った後悔に
いつも惑わされる 浮き足だった愛情で
精神は暗闇を 心臓は太陽を求めて
這いずっている 日付の中を迷っていく

明日 窓の向こうに広がる曇天は
君を癒やしてくれる灰色の希望だ
”大丈夫” そんな錆び付いた台詞じゃ
少しも 救えないとは感づいてる

もう何回目だろうか 僕達はそれぞれを
憾んで蔑んで 失望してゆくばかりだ
充分な睡眠と ふんだんな栄養で誤魔化し
暮らしている 先送りにしては笑っている

明日 また今日と同じ絶望が泳いでいる
君を疑うくらいなら息を止めたっていい
”ありがとう” 言えないままに蕩けていく
”さようなら” 声にならずに砕けていく

明日カーテンを開けて 見渡す青空が
君を苦しめるだけの地獄であったとしても
”愛してる” たったひとかけらの言葉を
信じて 毎日を無様に生きていく

もう何回目だろうか 思い出してしまった
僕はビルの8階 缶コーヒーを飲んでいた
posted by 未来屋マサル at 19:21| Comment(0) | ◎オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。