2014年07月26日

【オリジナル曲】とかげ【未来屋マサル】


*とかげ 作詞/作曲:未来屋マサル


ある朝 目が覚めると
大きなしっぽが生えていたよ
君はさ 泣いちゃったけど
それが僕には嬉しいのさ

何千粒 そりゃ何万粒
こぼしたところで戻んないよ
涙が変えられるのは
形のないものだけなんだね

ああ 僕の姿がどんなに
醜くなっても 見てくれるかな
ああ だけどもしもイヤなら
そのときは お別れだね

もっとキスをしておけばよかった
もっと抱きしめておけばよかった
こんなに冷めたウロコの肌じゃ
嫌われちゃうよ

一緒に食べたクレープも
ちっともおいしくなくなったよ
あの時 腰掛けたベンチも
しっぽが邪魔で座れないんだよ

ああ 君の言葉がだんだん
わからなくなる 何のことだか
ああ だけどちゃんと気づいたよ
君は今 悲しいんだろう

もっとギターを弾けば良かった
もっと歌を聴かせれば良かった
こんなに低くしゃがれた声じゃ
伝わらないよ

もっとキスをしておけばよかった
もっと抱きしめておけばよかった
こんなに冷めたウロコの肌でも
まだ 愛しているよ
posted by 未来屋マサル at 08:56| Comment(0) | ◎オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。