2014年06月21日

【オリジナル曲】硝子【未来屋マサル】


*硝子 作詞/作曲:未来屋マサル


ひとりひとりが
それぞれの真面目さを抱える中で
僕のそれは綺麗な形をしているだろうか

ほかのだれと比べて
はかるもんなんかじゃないよって
そんな自分の考えをほかのと比べてみたよ

目に見えるものほどよごれて
目に見えないものを取りこぼした
僕のうたとギターが喋ることは
いつもそんな調子だ

なあ 見つからないだろ
焦ってるんじゃあないぜ 疲れてんじゃあないぜ
じゃあ どうすりゃいいんだろ 
きっと曇ってるんだろうな
僕の硝子

もっと上手く笑えたら
小さくなった声も届くのかなあ
ひび割れた生き方が似合う似合わないでなく

「不器用な僕だから」
「口下手で無愛想だから」
そんなのは言い訳だ 君を愛するのには要らない

どうやら二人にこの世界は
まだ少しだけ生きづらいようだ
君の笑みと涙が漏らすものは
きっとそんな様子だ

もう わかってるんだろ
端くれのまんま 生きてたって良いよ
嗚呼 割れそうだったろ
ずっと すり減らせてきたまま
君の硝子

なあ 見つからないだろ
焦ってるんじゃあないぜ 疲れてんじゃあないぜ
じゃあ どうすりゃいいんだろ 
きっと曇ってるんだろうな
僕の硝子
posted by 未来屋マサル at 00:46| Comment(0) | ◎オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。