2014年06月11日

【オリジナル曲】君にふられた理由【未来屋マサル】


*君にふられた理由 作詞/作曲:未来屋マサル


思い込みを垂れ流す作業が「言論の自由」と
仰々しい名前を貰ったから調子に乗るんだ
人より劣ったぶんを「個性」とは認められなくて
それを埋め合わすための努力もしないでやってきた

いかさまばっかの人生 自分に飽き飽きしてんだ
ありのままって奴だけで素直に生きていきたくて
だけど思えば自慢の出来ない この不誠実さよ
腐ってる どいつもこいつも

あの日 君にふられた理由が
今だったら少しだけわかる
もうちょっと強気で居られたのならばなあ
先に立ちはしないから 「後悔」と呼ぶんだ

あの日 君にふられた理由が
いつになっても浮かんでは消える
「もうどうしようもないぜ 過ぎたことだから」?
忘れられやしないから 「想い出」と呼ぶんだ

「見返りなんて」という信条に見返りを求めて
君を好きでいる自分のことが誰より大好きで
「届きはしない」と嘆いた言葉は届きはしなくて
「ありきたり」を「特別」と勘違いするのは得意で

いかさまばっかの人生 きっと見透かされてたんだ
小さなものを大事にするのに夢中になりすぎて
肝心なこと何一つ知らないままにやってきた
さようなら アイラビュー アイラビュー

あの日 君にふられた手のひらが
痕になってる 目蓋の裏側で
なのに溶けてく笑顔と泣き声を
捕まえようとすることを「未練」と呼ぶんだ

あの日 君にふられた手のひらは
いつになったら目蓋から逃げる?
「もうどうしようもないぜ 過ぎたことだから」?
忘れられやしないから

あの日 君にふられた理由が
今だったら少しだけわかる
僕が君で 君が僕だったら
考えても無駄だから「恋愛」と呼ぶんだ 嗚呼

あの日 君にふられた僕だから
いつになっても子供のままなんだ
垂れ流された思い込みよどうか
少しでいいから僕の一部で居て
少しでいいから君の一部で居て

リメイク前の音源
posted by 未来屋マサル at 20:43| Comment(0) | ◎オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。