2013年05月13日

5月13日、アイコンができるまで

 ツイッターで人のアイコンを勝手に描いてます。
 ペイントとマウスでやってるので、ちょっと勝手に覚え書き。

 まずは下書きします。
 いっちゃん細いエンピツでガリガリ描きます。

 001.png

 構図がすこし斜めなのは、アイコンに使うものだからです。
 画面いっぱいになるように描いていきます。
 あとで調整もできるのですが、面倒なので大きく描きます。

 002.png

 とりあえず太めのブラシでなぞりました。
 一気に見やすくなりましたね、素敵です。
 何度も言いますがマウスで描いてます、線がダブっても大丈夫。
 むしろ気に入るまでぐりぐり重ねましょう、あとで消せます。

 003.png

 ダブってる線のどれを選ぶか決めて、はみ出した線を消します。
 消しゴムツールでごっしゃごしゃ消していきます。
 線がカクカクになりますが気にしません。
 左端が少しハミ出してしまったので、修正しましょう。

 004.png

 耳がブタっぽくなかったので、描き直しました。
 ここで顔のラインに修正が入っていますね。
 なんて事はありません、黒いブラシで描いて、白いブラシで消すだけです。
 根気のいる作業に思えるかも知れませんが、当たり前だろバカじゃねーの。
 今どきこんな非効率な方法で絵を描いてる奴いねーよ。

 005.png

 愚痴を言っている間に全ての線がマイルドになりました。
 鋭角なところは全て丸みを持たせています。
 左側がハミ出していたのも、いつの間にか修正されていますね。
 妖精さんが「全て選択」→「サイズ変更」のコンボを決めてくれました。
 絵の縦横比が少し変わる程度なので問題はありません。

 006.png

 はい、色を塗りました。もうすでに完成が見えてきましたね。
 はっきりした色遣いをすると、素敵なアイコンになります。
 ブラシツールを使うとジャギーの部分が塗りつぶせません。
 丁寧にやるときはこれも上手いことやりますが、面倒なのでしません。
 遠くから見るぶんには気にならないからです、アイコンの強みですね。
 グラデーションや陰影をつけると綺麗ですが、面倒なのでしません。
 遠くから見るぶんには気にならないからです、アイコンの強みですね。

 007.png

 まったく必要のないとも思われた陰毛を描いて、終了です。
 これがないと布団っぽく見えませんが、あっても見えませんね。
 さて、絵も完成したところでまとめに移りましょう。

 @絵心を磨く
 まずはこれが必要不可欠になってきます。絵心が無い人は合コンで「画伯ー!」とか言わせてキャラをたてましょう。

 Aしっかりしたペイントツールを使う
 次にこれです。学生の方は学生割でさっさと購入してしまいましょう。親にはJRの定期代とでも言っておけば充分です。何食わぬ顔で買いましょう。

 Bペンタブレットを使う
 まずマウスで描くのは非効率です。そんなことをしているのはよっぽどの玄人か、ただのマゾです。アイコンを描く程度ならこれで充分と思われるかもしれませんが、好みのアイコンを作る方法はたくさんあります。仲の良い絵描きに描いて貰う。これは全く自分の力を使わずに可愛いアイコンを手に入れられる一般的な方法です。自分でノートに描いて写メる。大体、どんなものを描いても「個性ー!」とか言って貰えます、大丈夫です。インターネットで拾ってくる。無断転載にうるさい昨今ですから炎上にだけは気をつけましょう。あるいは諦めて自分の素顔で勝負してください。間違ってもフォトショップで加工などしないように。最近だと「四角い顔アイコンジェネレータ」がお手軽でオススメです。オリジナリティのあるアイコンを作成しましょう。

 つまり何がいいてぇかって言うと、私はただのマゾだってことだよ。
posted by 未来屋マサル at 19:36| Comment(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。