2017年11月14日

ごほうこく


 こんばんは。

 ニコニコ動画に投稿した動画のほぼすべてを削除しました。ブロマガの記事も削除しました。プレミアムも解約したので、ブロマガを投稿することもしばらくないと思います。

 youtubeの動画も同様に削除しました。今からseesaaの記事も整理していくので、リンク切れなどたくさん起きると思います。すいません。

 ライブの告知だけ雑に貼り付けときます。

 DOd9OdFUQAADS6T (3).jpg

 DObQYsUU8AATnl9.jpg
posted by 未来屋マサル at 21:46| Comment(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

たぶんまじめな話

posted by 未来屋マサル at 19:15| Comment(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

9月18日、今日も今日とて。


 今日も今日とて、雑文を書き連ねて行きたいと思います。

 自分の記憶が正しければ、9日と10日それぞれ、「マキニウム残暑祭り」にお邪魔しました。当イベントは演劇集団マキニウムの稽古場で、劇団員を含む参加希望者が好きなスタイルでステージ発表をする機会です。去年もお邪魔したのですが、今年もお声がけ頂いたのでお言葉に甘えて参加してみました。当初は1日目だけの予定だったんですが、熱気に負けて2日目も参加しました。ありがとうございました。

 ステージは歌ったり、踊ったり、フリースタイルラップを披露したり、勝手にカホンを叩いたり、好き勝手にやらせて頂きました。打ち上げも図々しく参加してしまい、槙さんをはじめ、関係者の皆様には、この身に有り余るご厚意を頂きました事をお礼申し上げます。本当に楽しかったです。ありがとうございました。

 先日、サンリオショップでタキシードサムのぬいぐるみとパーカーを購入しました。ラインスタンプも愛用しています。近年中にブームが来ると見込んでいます。一人暮らしは寂しいですが、ふわむにゅまんまるのぬいぐるみを抱いて寝ると、いくぶんか緩和する気がします。文字に起こすと余計に寂しいですね、この話はやめます。

 ライブも精力的にやっていきたいなと思っているんですが、11月に兵庫へ行く用事がありまして、チケットを購入したら、驚くほど財布にダメージが入ったので、しばし大人しくしている可能性が高いです。南無三。久しぶりに宅録とかCDとかに力を入れてもいいかな、なんて思ってます。気温が下がってくると歌詞が書けるようになるのはいつもの事。

 好きな子に痩せて欲しくなかったりとか、散財するだけのお金が欲しいとか、でも貯金もしたいとか、家に帰ったらぐだぐだしたいとか、でも時間が足りないとか、でも寝る間は惜しみたくないとか、たいした事のない、いろんな欲望がありますが、ぬいぐるみを抱いて寝るという劇薬があるので、しばらくは平気だと思います。嘘付けよ。

 今日はあんまり書きたい事がないのでここらへんで。また何かあればブロマガも更新します。おやすみなさい。
posted by 未来屋マサル at 21:59| Comment(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

9月4日、不定期的にブログを書く。


 未来屋マサルです。そりゃそうだ、私のブログなんだから。

 9月3日、地元の月形町で歌いました。お寺さんが修繕を完遂したので祝賀会に誘われまして。いつものように死とセックスを歌う訳にもいかないので、「風になりたい」「夜を越えて」を歌いました。2曲だけだけど、楽しかったです。蟹も食えたし。フラダンスの着替えがあるから、フラダンスとフラダンスの間に歌いました。楽しかったです。蟹も食えたし。蟹も食えたし。

 わあ、もう書くことがなくなっちゃった。参ったな。

 同じ日には札幌でハートランドフェスがありましたね。潮のバンドとか、セルくんとか、うたたね日和とか、わりかし行きたかった気もするんですけど、なんとなく予定が入っていてホッとしてしまった自分がいます。なんかいつからこうなっちゃったのかわかんないんですけど、人馴染みをどんどん避けている気がします。なんでしょうね、いや本当。

 今日はこのままぐだぐだ書こうかな。

 明るい世界と、暗い世界、みたいに安易に区別して考えるとはあんまり好きじゃないんですが、それでも自分は「どっち側」なんだろう、って考える事は多いですね。こんな陰気な事を悩み始めるんだから、当然、薄暗い方にカテゴライズしていくんですけど。当然、そっち。当然、当然の悩みとして、太陽サイドの人間達の、無自覚な棘にはうんざりしたりする。眩しい光が苦手な人だっているのに、外に連れ出そうとする。いや、きっと、人を幸せにする為に、最終的に必要になるのはそういった陽のオーラなんだろうけど。

 そうじゃなくて、なんだろう。放っておいても生きていける癖に、わざわざ岩の下のワラジムシに文句をつけるような人間が、それもわりかし無邪気な人間が、一定数いるんだよな。

 見下す訳じゃなくて、主観的な分析として、たぶん、たぶんだけど、わかんないんだと思う。敢えて泥を飲む人の気持ちとか、敢えて滝に打たれる人の気持ちとか、汲めないんだと思う。意味不明すぎて。それがわからないって事は、すごく幸せな事だと思うし、こうやってぐだぐだ書いてる文章の意味も、2割も汲めないんじゃないかなって思う。

 ただそれだけで、きっと吐き気がするくらい恵まれてる筈の人間達が、わかんないものを見たら、びっくりするんだと思う。どうしてこんなにネガテブなんだろう、どうしてこんなにマイナス思考なんだろう、何が楽しくて生きてるんだろう、どうしてがんばらないんだろう、どうしてがんばれないんだろう・・・・。

 わかんないから、とりあえず責めてみる。「私みたいに、こうすればいいのに」「私はこんなにがんばってる」って言ってみる。たくさんリツイート貰う。たくさんいいねして貰う。「私も見習って、がんばりたい!」ってコメントがつく。「そういうところ、健気で偉いよね」ってオッサンからクソリプが来る。

 そんな人が、「自分の歌で誰かを幸せにしたい」とか言う。

 なんか、冷めちゃうんだよな。その誰かって、誰なんだよ。だから、そもそも土中のミミズなんて眼中にないんだよな。そういう人種はもうカウントされてないの。その音楽には。そりゃあ、世の中は圧倒的に陽のために回ってる訳だから、それでいいんだよ。部屋に引きこもって泣いてる奴がいようが、そんな事に関わっている暇はないんだよ。それよりも音楽友達で飲んでさ、騒いでさ、横のつながり作ってさ、イベントに呼んで貰ってさ、お客さんたくさん入れてさ、そっちの方が健全で、よっぽど有意義だよ。

 でも、それでも、花を踏みながら世界平和を祈るような音楽なら、私は要らないなあ。こういうのもね、私が文句言わせないくらいに売れてたら、引け目もないんだろうけど、普段は黙るよね。

 単なる、音楽性の違いって奴。別の話にする。

 「幸せ」について考えるのも、当然の仕事。人間なんだからさ。バイアスまみれの自己分析によると、自分はとにかく穴を埋めようとしてる。足りないものを探して、それを求めてる。まあ、人間が取る行動原理のひとつだと思う。貪欲なんだけど、貧弱。だから、諦めようとしてる。諦め半分でいると、たまに埋まるのが嬉しい。そうやって、本当は大きいキャパシティを、小さい小さいって思うことで満足しようとしてる。まあ、だいたいこんなところだろうと思う。

 じゃあ、その大きい筈のキャパシティを、ちゃんと埋めることが出来たら人生の全うだろう。そう思って、ひとつひとつ埋めてみる。

 まず、金。欠かせない。あってもあっても、足りないだろうと思う。「金があったらいいのに」と思わなかった試しがない。

 健康。こんなの言うまでもない。精神的にも肉体的にも。私の場合、特に精神は外せない。状況だけが揃っていて、体が動かない、なんてのはざら。

 愛情、は、やっぱり必要だろうなあ。色んな承認欲求の満たし方があるけれど、恋愛に依存していると思う。いい加減に認める事にした。

 実績、はどうだろう。欲しいだろうな。物を作りたくて作りたくて、作りたすぎて、作るのが嫌になっちゃったくらいだから。それがのびのびと出来るなら、当然欲しいだろうな。

 そうやって、埋めていくと、埋まらないものが出てくる。

 愛情、って言ったけど、自分と相手の好きが噛み合うなんてことは、まあ結構難しい。当たり前に、難しい。まあ、そんなもん。これがほいほい上手く行くなら、こんなにため息ついてない訳で。

 肉体も、先天的なものと、後天的なものと、どちらも理想を得るのは難しい。もっと背丈が欲しかったとか、もっと運動できるようになりたかったとか、老いとか、疲れとか。あとは、あんまり言及すると自分が耐えられなくなるから、さらっと言うけど、精神病って脳にダメージ受けてるから、基本的には不可逆だと思ってる。緩和はしても、根本的に治んない。

 そんでもって、やっぱり時間かなあ。圧倒的に足りない。

 つまり、たらればするだけで、「もし穴が埋まったとしても、現状に満足しない」ってことがわかる。お金が欲しいって思うのもそれで、人間、与えられるとそれが当たり前になる。最低ラインがどんどんあがっていくだけで、満足する訳じゃない。「人間の欲には際限がない」って言うけれど、醜さとかじゃなくて、心理的構造として、ある種仕方ないものだと思う。慣れっていうのは、恐怖を克服するための仕組みだし。

 それに気付いた思春期の頃から、「慣れにだけは負けたくない」って思ったもんだけど。負けたくないっていうか、慣れた事で人を傷付けたくないって思った。それぞれが持ち合わせてる「当たり前」は、簡単に武器になると思うし。まあ、これも当時はそう思ったってだけで、今はナイフを振り回してると思う。

 つまり、自分っていう人間をコントロールできないんだったら、自分の存在に限って言えば、世に出ることは諦めた方がいいと思ってる。誰かに迷惑をかけるくらいなら、ね。

 でも、自分をコントロールできるなら、与えられたカードで戦うのが人生でしかないなって、つくづく思う。それを悟るにはあまりにも遅すぎたし、後悔するにはまだ早すぎる。なによりも、圧倒的に肉体と精神が燻っている。もう、やんなっちゃうくらいにさあ。

 支離滅裂だけど、文章を書いてないと気が狂いそうなので。今日はここまで。
posted by 未来屋マサル at 23:57| Comment(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

8月18日、近況報告。


 お久しぶりです、未来屋マサルです。

 最近、ブログを更新する時は、すっかり「お久しぶりです」が定着してしまっているような気がします。今日は天気が良かったので、全力で引きこもる事にしました。セロトニンが出過ぎると楽曲制作に悪影響を及ぼすので、いたしかたないですね。

 それはそれとして、PCの調子がもうゲロ悪くて、メモ帳を開くだけでシャットダウンするくらい酷かったので、重い腰を上げて一通りファン周りのホコリを掃除しました。手は真っ黒になりましたが、そのおかげか心なしかスムーズに動いている気がします。

 ※アドオンぶち込みまくり調教しまくりの火狐もリストラし、クローム先生に台頭して頂きました。

 という訳もあり、ブログも更新する事にしました。この過疎なブログも、どこぞのブロマガも、なんだかんだひっそりと読んでくれている人がいるらしく、たまには更新しないと悪いな、と思っていたところなので、近況報告したいと思います。報告するような近況もないですが。

 えーっと、前に更新したのは5月だったと思うので、6月から。

 6月で記憶に残っているのは、30日のライブです。29日が誕生日なので、その次の日だった訳ですが、場所はスミカフェ(今はなくなってしまったようです)、デイビット・スイートローとのツーマン・ライブでした。デイビット氏は定期的にフレンズコンサートを開催していて、私も出演者としてお誘い頂いた事があるのですが、この時もフレンズコンサートに出て欲しいというのが初めのオファーでした。しかしながら、法事が重なりその日は出演する事ができない、となり、それであれば違う日にプレコンサートを二人でやろう、という運びになりました。逃がした金魚が鯨になって帰ってきたような驚き。本当にありがとうございます。

 ライブはお互いに40分から45分くらいの時間を取ってじっくりと演奏ができ、お客様にもご満足いただけたようで、本当に楽しかったです。私の中学英語に、デイビッドもたどたどしい日本語で答えてくれて、いつも嬉しく思います。月並みですが、音楽は国境も世代も超えるという事です。ただ、コツとして、デイビットは「なまら」が伝わるので、おおよその会話は成立します。ビバ北海道弁。

 個人的な感想ですが、このライブは、最高の誕生日祝いだったなーって思いました。いや、勝手にですが。

 続いて7月。これも30日なんですが、なんと旭川でライブがありました。7月2日にXENONさんで予定していたライブが、これまた法事で出れなくなってしまった訳なんですが、その時に共演する筈だった遥カワセミさんに、地元でライブをやるので出演しませんか、と誘って頂き、二つ返事で請け負った結果、旭川までバビューンする事になりました。我ながら、なかなかヤンチャですね。

 前日の29日(また似たような話してる)が地元の月形町で花火大会だったので、前の日にJRで石狩月形へGO。きっちり花火大会を満喫して来ました。その日は実家に泊まり(少しばかりお酒も飲み、少しばかりギターも弾き、まあいつも通り宴をやり)、30日は月形温泉で疲れを癒してから滝川へ向かいました。滝川の祖母がこないだ逝去し、家を取り壊す前にいくつかの遺品を整理する為です。

 滝川で祖母の扇子など幾つかの遺品を拝借し、また昨日の宴で犠牲となったギターの弦もハ○ドオフで新調し、15時半くらいに会場に到着しました。予定では16時半からそれぞれリハーサル、18時からオープンの予定だったので「間に合うかな・・・・」と少し不安だったのですが、むしろ主催が来てない(!)というハプニングがあり、なぜか誤魔化せました。無事に遥カワセミさんも到着し、少しだけ押してスタート。オープニングを努めさせて頂きました。

 本当は最後までいたかったのですが、なにぶん次の日も仕事なので、少しだけまったりした後、そそくさと会場を後にしました。なんとか日付が変わる前に帰宅する事ができ、ひと安心。今回、一緒にドライブしてくれた知人には本当に感謝です。車も貸してくれて、本当に感謝。きちんと後先を見据えてライブのオファーを受けるように気をつけます。

 そんなこんなで8月。ついこないだ、9日にクレイジーモンキーさんでライブをしました。なんだか、TACT君とばかり共演している気がします(彼が精力的なので、無理もないですが)。少し、喉の調子が悪いまま当日を迎えてしまい、もっとベストなコンディションでやりたかったな、と後悔しました。しかしながら、「アロエ」を中心とした新しい曲をお客様の前で演奏できたので、楽しかったです。

 さて、ざっと振り返りました。本当はもっと細かくライブもしているのですが、そちらは割愛します。実は、明日もライブなのでゆるーく告知します。

 「マゾドル」でお馴染み、みつきさんの生誕祭にお邪魔します。たしか一昨年もお誘い頂きました。コンセプトをご承知置き頂いた上であれば、本人をご存知ない方でも是非お越し頂ければと思います笑。毎年恒例、徹夜で麻雀やったりするみたいです。ちなみに、みつき先生は今年、ご結婚も発表され(おめでとうございます)来春を持って、活動をお休みされるようです。そういう事もありまして、卑しい豚の三十路を渋々祝ってあげることにしました。会場は;VOX。同ビル同階のアンダーバーさんで飲食もできます。未来屋マサルは16時30分から転換込み20分となっております。詳しくは下記の告知画像などをご確認ください。

 57818.jpg

 57819.jpg

 57820.jpg

 57821.jpg

 そういう訳で、PCの不調を言い訳に滞っていた作業も、少しずつ進めたいと思います。これからも色んな事に手を出すと思いますが、発表した作品を少しでも楽しんで頂けたら幸いです。よろしくどうぞ、未来屋マサルでした。

 追伸:お給料を生贄に捧げ、オーディオインターフェースを新調しました。財布が泣いてます。
posted by 未来屋マサル at 16:38| Comment(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

【オリジナル曲】ドア【未来屋マサル】


*ドア 作詞/作曲:未来屋マサル


あまりにも足りてない 心優しさを振りかざして
ここまで生きてきた
あまりにも多すぎる 自意識を何度もなで回して
今まで息してた

配られたカードを何度も何度も吟味して
欲しいもの全てを誰かと見比べて肩落とした
胸が詰まる想いで

君は今 笑えているか?
その声で 僕の目も覚まして
最期まで 突っ走れるのか?
飛び込んで 心の奥をノックして

もう二度と聞こえない 君の鳴き声を追い求めて
いくつも日が暮れた
もう二度と届かない 僕のラブソングは擦り切れて
いくつも夜が明けた

開かれたドアを何とか何とか閉めきって
覗かれないようにと一人で頑なに閉じこもった
胸に浮かぶ思い出

孤独には 慣れっこだけどさ
強がって 僕は芽を枯らして
最期まで 突っ走れるなら
連れてって 握った手を離さないで

それでも僕は君を見失う やがて僕は僕を見失う
何が変わるか疑うばかりで立ち止まっては何もしなかった

僕は君が欲しいだけで 思えば何もしてやれない
縋るように跪いた 「何も変えられやしない」
本当にそうか?
歩き出せば道はあんだ 草の根をかき分けて進め
それが今開けるべきドアだろう?
少しずつめくるめく永遠へと

リメイク前の音源
posted by 未来屋マサル at 10:20| Comment(0) | ◎オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月24日、お久しぶりです。


 お久しぶりです。

 せめて何か更新しなきゃという気持ちで、とりあえずキーボードを叩いています。

 嬉しい事も、悲しい事も、いろんなことがあり、まあ、それでも音楽をやるべきなのかなあ、という気だけはしているので、体力と活力の限り、出来るだけ生産的に参ろうと思います。

 期間が空いたのを機と捉えて、何か新しい事でも始められたら最高ですが、どう転んだとしても、暖かく見守ってくれれば幸いです。

 これからも、未来屋マサルをよろしくお願いします。
posted by 未来屋マサル at 09:04| Comment(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする